社会保険労務士は独立開業型の資格?

社会保険労務士は、独立開業型の資格で、その多くは将来独立を目指します。

一般的に独立というと、資金力や特別な人脈が必要で、敷居が高いように思われていますが、 社会保険労務士ならそれがありません。

資格を取得してある一定の条件(後ほど解説)を満たしていれば、
誰でも独立開業できてしまうのです。
そのため、現在のように、終身雇用が崩れ、会社に頼れない以上、
自分で稼ぐ術を身に付けるために社会保険労務士として独立する方が増えています。

しかし、社会保険労務士として独立しても、皆が皆成功するわけではありません。
年収3000万以上稼ぐ人もいれば、生活していけるだけの収入を稼げず、
廃業する人もいます。

そこで、このサイトでは社会保険労務士として独立した場合の
実態を大暴露していこうと思います。
もちろん、そこには良いこともあれば悪いこともあります。

ただ、正確に情報を把握しないと、本当に社会保険労務士として
やっていけるのか判断できないと思います。

ですので、もしかしたらこのサイトを全て見終わる頃には、
私には社会保険労務士には向かないと思う方もいるかも知れません。

しかし、それで良いと思っています。
何故なら、苦労してやっと社会保険労務士になっても、仕事が合わないとか
それでは食べていく事ができないとなれば、
長い期間勉強した意味がなくなるからです。

どんな資格にも光があれば、その数だけ闇もあります。
それを正確に把握して、はじめて社会保険労務士に試験にチャレンジできます。

是非、最後までお時間を下さい。
社会保険労務士に興味のある方なら 決して損はしないはずです。