企業内社会保険労務士について!

社会保険労務士は独立開業型の資格ですが、何も独立にこだわる必要はありません。
企業に就職して、社会保険労務士として活躍しても良いのです!

それが、企業内社会保険労務士といわれている人達です。
実際に企業内社会保険労務士は、全体の3割くらいになると言われています。

企業内社会保険労務士は、大きくわけで2つあります。
●各企業に就職して、社内の仕事をする
●社会保険労務士事務所に就職して、各企業の労務管理を請け負う

それぞれ何が変わるというわけではありませんが、
自社の仕事をするか、他社の仕事をするかだけの違いです。

メリットすれば、やはり収入が安定することです。
企業内社会保険労務士といっても、実際は普通の会社員なので、
毎月安定した収入を確保する事が出来ます。

また、仕事のノウハウや人脈、業界の動向について知れるので、
独立する前の勉強にもなります。

対してデメリットは普通の会社員と年収が変わらない事です。
ある程度大きい企業に就職すれば、多少なりとも年収が高いかもしれませんが、
個人でやっているような社会保険労務士事務所だと、
普通の会社員よりも低いと思います。
どのくらかというのは、その企業や事務所、業界、年齢などによって異なるので、
ここでは言えません。
ただ、少なくても年収1000万円以上ということにはならないと思います。

後はどちらが良いかあなたが判断して下さい。

個人的な意見を言わせてもらうと、社会保険労務士は十分に稼げる仕事で、
独立してもあなたが努力すればやっていけるはずです。
それでも、生活していけるか核心がなければ、独立できないと言うのなら、
あなたは向いていないので、
企業内社会保険労務士として頑張って行けば良いと思います。

ただ、人それぞれ考えがあるにせよ、社会保険労務士は、
独立してこそ、仕事の魅力が出ると思います。