社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士の仕事は大きく分けて3つに分類されます。

1、労働保険・社会保険の手続き
2、帳簿書類の作成
3、コンサルタント業務

まず1に関しては、社会保険労務士の仕事の中で最も多く、
その名の通り、入社する際に加入が義務付けられている保険の手続きをします。

その一部を紹介すると、労働保険に加入する場合は、
各従業員の保険料を計算して、労働基準監督署や職安に提出いたします。

また、社会保険なら、概算保険料申告書を社会保険事務所に提出しなければなりません。

次の2に関しては、
主に「就業規則の作成」「労働者名簿の作成」「賃金台帳の作成」 を行ないます。
これらの書類は会社がある一定規模になると提出することが義務付けられ、
とても重要な書類です。
特に就業規則は、従業員が必ず守らなければいけないルールなので、
しっかりと作成しなければ、後々労働問題に発展していきます。

最後の3は、企業から相談に応じて解決していきます。

例えば、社員教育について相談を受けたとしましょう!

その場合、どうすれば社員の能力を最大限引き出せるのか?
どうすれば仕事をするモチベーションを上げられるのかなど
考えながらプログラムを作成していきます。

他にも非正規雇用の問題や賃金制度についてなど
様々なコンサルティング業務を行なっていきます。

そして、稼いでいる社会保険労務士は、
このコンサルタント業務の仕事を中心にしていると聞きます。

正直申し上げて、1と2の仕事に関しては、どの社会保険労務士がおこなっても
それほど差が出ません。

しかし、コンサルタント業務は、実績や経験が問われるので、
社会保険労務士個人の能力必要になります。

ですので、非常に難しい仕事ではありますが、
その分やりがいと報酬の高さがあります。