社会保険労務士に合格するための絶対勉強法

細かい勉強法は、通信教育で学ぶと思いますので、ここでは説明しません。
それよりも基本的な考え方を身に付けてほしいと思います。

その考え方というのは、インプットとアウトプットのバランスです。
つまり、知識を覚える勉強と問題を解く勉強と言うことです。

ただ、バランスといっても、両方の勉強時間を均等にするわけではありません。
インプットよりもアウトプットの勉強を増やす事です。

というのも、社会保険労務士に不合格になる人は、必死に知識だけを覚えようとして、
問題を解くことを疎かにしています。

しかし、どんなに知識を覚えても、その知識をどのように使うか、
問題を解いていかなければ、理解出来ません。

また、知識を覚えているだけでは、すぐに忘れてしまうので、
知識を自分のものにすることは出来ないのです。

社会保険労務士に合格するために重要なのは、
少ない知識を確実に覚え、そして数多くの問題を解くことです。

実際の試験でも、実は使う知識は、それほど多いわけではありません。
ただ、問題の言い回しを変えているだけです。

それに、覚える知識が多くなれば、当然挫折する事に繋がってきます。
それでは本末転倒です。

少ない知識でも十分に合格できるのに、無駄に多くの知識を覚えて挫折する
もしくは試験に合格できないという状況になってしまいます。

では具体的にどのような勉強するかですが、
その答えは至ってシンプルで、
「各章の知識を覚えたら、それに関連する問題を数多く解く」
ということです。

各章と言うのは、 例えば労働基準法という試験科目がありますが、
その中に災害補償や労働時間など各章に分類されています。
その各章ごとに問題を解いていくのです。

そうすれば、覚えた知識を確実に自分のものに出来ますし、解答力も付いてきます。
是非、参考にして下さい。