「社会保険労務士として独立した場合、ちゃんと仕事があるのだろうか?」

社会保険労務士という仕事に注目し、これから頑張って独立開業を目指そうかという方にとっては、正直なところこの点こそが最大の関心事なのではないでしょうか?

せっかく資格を取得して仕事としてやっていくのであれば、そもそも仕事として成り立つのかどうかが重要になります。前もってある程度のニーズが見込めない場所に、みすみす飛び込んでいくのは非常にリスキーですよね。
というわけで、本ページでは「社会保険労務士の独立の実際」について、解説していくことにいたしましょう。

今や「弁護士だって厳しい時代だよ」と言われる中、開業社会保険労務士に果たして未来はあるのでしょうか?その答えとしては「ニーズは確実にある」と断言しても良いでしょう。

確かに、最近では士業と名のつく専門家は飽和状態で、特に都市部であればなおのこと、激しい仕事争奪戦が繰り広げられていると言えるでしょう。
そんな中、多くの方が「これから新規開業をしたところで仕事などあるはずがない」と思い込み、それがいわば一般的なイメージとしても定着しつつあります。
しかしながら、実際には社会保険労務士としての独立開業を考える上ではこうした固定観念とはまったく正反対。むしろ、需要は確実に増えてきていると言っても過言ではありません。皆さん、「そんな馬鹿な!」と驚かれるかもしれませんね。

それではなぜ、この士業苦戦時代において社会保険労務士へのニーズが低下することなく、むしろ高まっているのでしょうか。
それは、「社会保険労務士として独立する人の数以上に、日々新規に設立される会社があるから」です。会社の数ほど、社保関連の手続きは生じますし、人事・労務関連の問題だって発生するもの。
つまり、単純に考えて、世の中に会社が増えれば増えるほど、労働・社会保険の専門家である社会保険労務士の仕事もどんどん増えていくということになります。このことは、数ある士業の中でも社会保険労務士だからこそ言えることなのかもしれません。

充分な需要があるにも関わらず「仕事がない」と嘆く社会保険労務士は、仕事との出会いに恵まれていないだけに過ぎません。しかしながら、開業してやっていく上では「仕事を見つけられるかどうか」が非常に難しい点であるとも言えます。
次ページにて「営業についての心構え」について触れていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。