営業は、開業社会保険労務士が最初にすべき“仕事”です

社会保険労務士として独立する上で、最も重要視すべきなのは“営業力”であると言っても過言ではありません。
よく、「まずは実務についてしっかり勉強してから」「他資格も取得して業務範囲を幅広く」等と言いながら、一番大切な営業活動を疎かにしている方がいらっしゃいますが、はっきり言って、そんなことではいつまで経っても肝心な“仕事”にありつくことは出来ません。
確かに知識も勉強も大切です。
しかしながら、何よりも優先すべきは「仕事を受けること」「実際にこなしていくこと」、つまり「実務家として羽ばたくこと」なのではないでしょうか?
知識の習得や他分野の勉強は、ニーズが生じてから取り組むのでも決して遅くはありません。
むしろそのほうが必死になるので、時間をかけた場合よりも効率良く進むことがほとんどであると、個人的には思います。

幸い、昨今のインターネットの普及により、どんな業種においても営業活動へのハードルは格段に下がりつつあります。
ネットを駆使すれば実際に足を運ばずとも、様々な企業を知ることが出来ますし、メールで直接連絡を取ることも可能です。
実際、「なんのつながりもない会社同士がネット上で知り合い、仕事が発生する」といった事例は日々、かなりの数発生しているのではないでしょうか?
社会保険労務士として仕事を受ける場合にも、基本的には同じこと。
ネットでのつながりだって、決してバカには出来ません。
もちろん、あらかじめコネや人脈のある方であれば、それらを駆使しない手はないでしょう。
使えるものは何でも使い、とにかく“仕事が出来る場”を獲得していくことこそが、社会保険労務士として独立した後、最初に力を入れるべき仕事なのです。

ただし、社会保険労務士として営業活動に励む際には、一つ注意すべき点があります。
それは、「仕事を受けたいあまり、過度に下手(したて)に出ないこと」です。
顧客に見くびられていては、実際、社会保険労務士としてアドバイスをする際に良いことはないでしょう。
会社側とは、適度に威厳を保ちつつも、ちゃんと親しみの感じられるスタンスで接するのが得策であると言えます。